【※実体験】オンライン英会話で初心者がやりがちな失敗と撃沈理由を具体的に解説。

こんにちは!ハルタメです。

ハルタメ
ハルタメ
今日は、私自身の英会話上達法、英会話の勉強法について、お伝えしていきたいと思います。

私自身、実際に海外に行ったことのあるのは、一ヶ月間のアメリカへのホームステイや、一週間程度の海外への一人旅をしたことがある程度で、決して帰国子女でも、英語圏への留学経験があるわけでもありません。

それどころか。先日受けたTOEICのスコアは540という有様・・・。

お世辞にも一般的には英語ができる、という部類に入るわけではありません。

  • ただ、今でも急に海外の方と会って、コミュニケーションを取ることはできますし、
  • 海外ドラマや洋画を、7割~8割くらいの理解で字幕なしで楽しむこともできます
  • 今から一人で海外に行かなければいけない・・となっても不安はありません。

いわば、英会話に対しては全く苦手意識がなく、何ならTOEICもちょっと勉強したらすぐに800~900くらいはいくよな、と生意気なことも半ば本気で思ってます笑(それを実際に証明するために、今はあんまり好きではないテストのための勉強もやってます。)

ではなぜ、そんなに一般的には英語力があるわけではないのにも関わらず、普通にネイティブと意思疎通ができるくらい英会話ができるのか?その秘密と、これから英会話を学んでいこうと思っている初心者の方が陥りがちな落とし穴や、国内で英会話力を高めるために必須のオンライン英会話の選び方、効果的な活用方法について今日はお伝えしていきたいと思います。

私の英会話経験

まずは、私の今までの英会話経験から少し紹介していきたいと思います。

ロサンゼルスへ1ヶ月間語学留学

有名なハリウッドにあるハリウッドサイン

有名なハリウッドにあるハリウッドサイン

まず、私は大学2年生の時に約1ヵ月間、ロサンゼルスやホームステイをしに行きました。

この時点で、私は海外に行ったことが1度もなく、いきなり1カ月間のアメリカでの生活を体験したと言うことになります。

初めて行った異国の地で、日本語も通じない中で、なんとも心細く思っただろうと思われるかもしれませんが、私は内心かなり興奮していました。

というのも、それまでは日本国内で自分なりに英会話の学習の方法を工夫しながら、勉強を進めていたんですが、やはり実際の生の英語に触れることがほとんどなかったので、自分の力を試す場所と言うのを求めていたからです。

そういう意味では、ロサンゼルスの1ヵ月間のホームステイは私にとって非常に刺激的で、かけがえのない経験となりました。もちろん、大変なこともたくさんありましたが笑

その辺のことについては、またの機会にお話ししたいと思います。

ニューヨークへ英会話無作修行の完全一人旅

そして、私はまた1人で英会話の武者修行の旅に出ます。

次に行ったのは、ニューヨークです。

ニューヨーク旅では全く写真を撮っていませんでしたが、唯一残っていたメトロポリタン博物館での写真

ちょうど私が大学を卒業する2月の時でした。卒業旅行として、そして英会話の武者修行の一環として、1週間ニューヨークで1人旅をすることを決めたのです。

この時に私が自分自身に課した制約としては、飛行機の手配から現地のホテルの手配まで、全て自分1人で行うといったものです。

そうすることで、自分が今、どれだけの英会話を身に付けているのか、明日から1人で名家に行っても1人で生きていけるような英会話力があるかどうかを試したかったからです。

そして実際に、飛行機を手配し、まったく日本語が通じない環境で、約1週間のNY生活を楽しみました。

ロサンゼルスのホームステイに関しては、なんだかんだで語学学校に日本人がいたり、ホームステイ先のホストファミリーの方が日本に対して理解があったり、英語での意思疎通がなかなか難しい状況であっても、何とかやっていけるような環境でした。

ただ、今回のニューヨーク一人旅に関しては、日本語が通じる人がほぼいないような環境です。その中で、自分でホテルを手配し、(ホステルと言う、ひと部屋で共同で何か宿泊するような安い宿です)その中で1人で生活していくと言う体験をできたのは非常に大変でした。

そして、その中でもホステルで同室になったブラジル人と仲良くなって、友情が芽生えたり、日本にいたときには経験できないような貴重な財産を手に入れることができたと思っています。

英語力の研磨のために海外駐在員の方が集まるバーでのアルバイト

そして、ロサンゼルスのホームステイから帰った時に、せっかく英語に慣れてきたのにこのまま英語を使わないと、どんどん廃れていく、と言う焦りがありました。

その中で見つけたのが、海外駐在の方が来る場合で、ドリンクサーバーをしたりするまで働くことでした。そのころ私はある日本でも有数の港町に住んでいたので、海外からビジネスできている方がたくさん集まるバーを見つけて、そこで働き始めました。

そういった英語を使う必要のある環境に強制的に身を置くことで、英会話を日本にいても向上させるような努力をしていましたね。

実際その場に来られるお客さんは、ほとんどが海外の方で、(フィリピンやインドネシアなどの東南アジア系の方、またはイギリス人の方が多かったです)ほとんど日本語が通じませんでした。

そこで、英語でコミュニケーションをやっていることで、非常に英会話の訓練になったと今では感じています。

初めての海外で経験した生の英語が全く理解できず撃沈した理由

このように、英会話を磨くために、国内外問わずいろいろな試みをしてきました。

その中で、実際の英語に触れることができる、海外での生活は私にとってかけがえのない宝物です。

ただその海外での生活も、順風満帆だったわけではありません。例えば、ロサンゼルスのホームステイに来た当初は、ホストファミリーの放す非常に丁寧でゆっくりと話してくれる英語に関しても、ほとんどを聞き取ることができなかったんです。

語学学校での、授業に関しても、もちろん講師の方はネイティブの英語の先生です。

そして、語学学校での授業も全て英語で行われるのですが、初めは何を言ってるのか分からないので授業がほんとにわかりませんでした。

ただ、なまじ大学受験の英語の勉強があるものですから、文法に関しては元の語学留学の英語力をチェックするためのテストで点満点近くを取ってはいたのですが。。

そのペーパーテストの結果を受けて、クラス分けをされるんですが、文法や筆記テストに関してはほぼ満点が取れたとしても、英語の聞き取りやその力といった、英会話力に関しては赤ちゃんレベルだったんです。

英会話学習初心者がやりがちな失敗と脱英語初心者のために捨てるべきもの

こういった経験から、私が考える英会話を本気で身に付けるために捨てるべきものについて話をしてきます。

まず第一に、英語ネイティブとコミュニケーションを取らずして、英会話を向上させることができると言う幻想を捨てることです。

私自身、英語力に関してはペーパーテストに関してはそこそこある方でしたが、日の英会話は本当にダメダメでした。

それは、机上で学ぶ英語の勉強と、実際の生の英会話、英語でのコミュニケーションと言うものはまったくの別物だからです。

日常の会話や、コミニケーションと言うものは教科書に出てくる表現だけが全てではありません。その国の文化や、英語と言う言語の持つ背景までしっかりと汲み取った上での、コミニケーションじゃないと、まったくの意味をなさないからです。

なので、英会話を本気で身に付けようと思った場合、英語ネイティブと接する事は絶対に避けられない道です。逆を言うと、別に文法や英語力に自信がなくても、そういった英語ネイティブのコミニケーションに飛び込んでいきさえすれば、自然と身に付くものも多いです。

 

ただし、実はネイティブと接するだけでは片手落ち。実際にネイティブの実地訓練を行いながら、自分でも継続して英語を学び続ける環境が必要です。

ネイティブとの事訓練で、英語でのコミュニケーションの感覚やセンスを磨くとともに、文法や英語の基本構造をしっかりと身に付けることで、英語力の地力を高めることの療法が必要だということです。

この両輪でやっていくことで、英語の時力を高めながら、英語のコミュニケーション力も高めることができ、総合的に英語力、英会話力を伸ばせます。

英語の時力を高めながら、英語のコミュニケーション力も高めることができ、総合的に英語力、英会話力を伸ばせると言うことです。

TOEICの勉強してる方に多いのですが、実際に人等の英語力が高くても、英会話のコミュニケーション力がないために、実際のネイティブとの会話がほとんどできないと言う方がおられます。

一方で、ネイティブとのコミュニケーションに慣れていて、会話に関してはなんとなく雰囲気でコミュニケーションは取れるけど、実際の細部を読み解く英語力や、細かいニュアンスを伝えるための英語力に関してはほとんどないと言う方もいます

 

そういった問題は、この英語力の実地訓練(ネイティブの英会話)経験が乏しかったり、または実際の自分の中での英語力を高める積み重ねがないことが原因なのです。

英会話初心者を脱出するために立ちはだかる壁(ハードル)

ではここからは、日本国内ながらも英会話を本気で見つけようと思った時に立ちはだかるハードルと、その乗り越え方について私の考えを話していきます。

英語を日常的に話せる環境がない

まず第一に、これが1番大きな壁かもしれません。日本国内にいると、英語日常的に話せる環境が非常に少ないと言うことです。

実際に海外の友達がいると言う方や、仕事で英語を使うということ以外は、ほとんど家がを日音的に実地訓練でトレーニングする場がないというのが実際のところだと思います。

ただ、先ほどもお伝えしたように、英会話力はスポーツのようなところがあります。実際に頭で考えて話しているようでは、とてもじゃないですが、スムーズなコミニケーションに必要な瞬発力は養えませんし、英会話独特の言い回しだったりが身に付きません。

なので、本当に使える英会話を身に着けようと思ったら、実際に英語ネイティブとの実地訓練(英会話をする場)が必要になってくるんです。

英語を継続的に学べるモチベーションが続かない

もう一つが、日本国内では英語を継続的に学んでいくようなモチベーションがなかなかつきにくいというところです。

以前の私のように、実際に入浴を一度したり、ロサンゼルスで1カ月間ホームステイしたいといった環境中では、実際に英語でコミュニケーションを取れないと、生きてはいけません。

なので、モチベーションが困難とよりも、強制的に英会話を向上させるしかないよな環境にあるのです。

そういう環境の下にあっては、英会話力が伸びるのは当たり前。

ただ、日本国内にいる場合では、日々の生活をする中では特別英会話力の向上は必要ありません。

実際に仕事で使う必要があったり、TOEICの資格試験でスコアを取るなどと言う目的や目標がない限り、英会話を継続的に学び続けるモチベーションを保つのは非常に難しいことです。

費用や時間を捻出するのが難しい

もう一つ、日本国内で英語会話を学ぶ上でハードとなるのが、英会話を勉強するための費用や時間を捻出するのが難しいと言うところです。

日々の生活や、仕事もある中で、毎日継続的に英会話に費やす時間を捻出できるのは非常に難しいでしょう。また、実際に英会話力を磨くためには、英語ネイティブとの実地トレーニングが必要だと先ほどお伝えしました。

ただ、それを実現するためには、英会話学校などに買う必要があり、その英会話学校の費用と言うのもかなり馬鹿にならないのです。

そういう面からも、日本国内で英会話力を本気で身に付けようと思った場合、学習の費用と時間と言うものは大きな壁となります。

オンライン英会話は日本で英会話を習得するなら必須ツール

ここまでお伝えしてきたような様々な壁が、日本国内で本気で英会話を習得塩と思ったときには立ちはだかってきます。

ただ、今までお伝えしてきた国内で英会話を身につけるための大きな壁を乗り越えるための方法が実はあります

それが、オンライン英会話です。

オンライン英会話をご存じない方はこの記事を読んでくださっている方の中には、ほとんどいないかと思いますが、要は英語ネイティブと自宅にいながら英会話のレッスンができるサービスです。

自宅にいながら、インターネット環境さえあれば世界中にいる英語ネイティブの先生と英会話の実地訓練をすることができます。

先ほど、英会話はスポーツだ。英会話は日でのトレーニングなしでは伸びない、と言う風にもお伝えしましたが、実際に日本国内で英語ネイティブと会話をするのは難しい。

ただ、オンライン英会話を利用することで、国内にいながら英語ネイティブと日常的に英会話の実地トレーニングが積める、英会話トレーニングに最適なツールといえます。

オンライン英会話+英語学習がセットになった理想的な英会話メソッド

ただし、実はオンライン英会話サービスだけでは片手落ち

先ほどもお伝えしたように、日本で英会話を本格的に学ぼうと思った場合、オンライン英会話で月のトレーニングをしていくのと並行して、実際に自分でも英語の基礎的なところ、文法的なところは自分で学んでいく必要が出てきます

ただ、この2つを両輪でしっかりやろうと思うと、時間的にも労力的にも、そして費用的にもかなりの額のコストがかかってきます。

英会話学校に行こうと思うと、1ヵ月の月謝が数万円にはなりますし、そういう超えて仕事をしながら1日の少ない時間を捻出して、英会話の時間に充てるこれをしっかりやろうと思うと、相当な覚悟、忍耐力、やり通す石力などが必要となってきます。

これが現実なんですが、やはりそこまで覚悟を持って取り組んで最後までやり通せる人と言うのは本当にごくごくわずかです。

しかし、そういった英会話と英語力の向上の2軸で学ぼうと思った時に必要な環境が、月6000円から7000円で手に入るサービスがあります。

それがここでお伝えする、スタディサプリのオンライン英会話セットコースです。

 

スタディサプリのオンライン英会話セットコースは、英語でネイティブの先生とマンツーマンで英会話ができるオンライン英会話と、スタディサプリで培われた英語学習ノウハウが合わさった、かなり実用的で考えられたサービスです。

しかも、この2つのサービスが一緒になって月々6000円から7000円と言うリーズナブルな値段で利用することができるのが非常に嬉しい

そして、このスタディサプリのオンライン英会話セットコースには、2つのコースがあり、それぞれあなたが英会話力を本気で向上させたいと思ったときに、どのコースを選べばいいのか、というところをこれからお伝えしていきます。

【初級・中級者向け】独り海外旅行で困らない英会話を身につけたい→日常英会話コース



まず、英語をこれから学んでいきたいと言う初心者の方や、少し英語での意思疎通ができる、と言う初級者、中級車に向けて、

あなた
あなた
海外旅行に1人で行っても困らない英語力を身に付けたい!

そういう方にお勧めの日常英会話コースです。

この日常英会話コースでは、実際に1人で海外旅行に行った場合を想定して、その時に役立つ英会話のフレーズだったり、英会話の学習を進めていくのと同時に、オンライン英会話で実際にネイティブの先生と英会話を実地でトレーニングすることができます。

\スタディサプリのオンライン英会話セットプラン/
新日常英会話コースの詳細へ

s【上級者向け】ビジネスで使える英会話を身につけたい→ビジネス英語コース




次に、英語を使った仕事につきたいとか、ビジネスで使える英会話身に付けたい、これからもっともっとTOEICだけではなく、英会話の基礎力を向上させていきたい、そういう方にオススメなのがビジネス英語コースです。

このビジネス英語コースでは、ビジネスで使用するフレーズや、ビジネスよくあるシーンを題材にして、ビジネスシーンで使える英会話力を培っていくカリキュラムとなっています。

こちらもテキストやカリキュラムで、英会話を学んでいくのと同時に、英語ネイティブの先生とオンラインで別の英会話トレーニングをしながら、実践的な影響力を考慮させていく、と言うコースになっております。

\スタディサプリのオンライン英会話セットプラン/
ビジネス英語コースの詳細へ

オンライン英会話で初心者がやりがちな失敗と撃沈理由を具体的に解説まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか?

英会話を向上させるために近道やショートカットはありません。記事の中で英語はスポーツだという話もしましたが、実地でのトレーニング=英会話の場数を踏む、ということなしに英会話の向上はあり得ません。

一方で、実践トレーニングで数だけをこなす、というのも非効率的。しっかりと、理論にあった学習ノウハウでそもそもの英語力の基礎力を向上させていくことも大事。

この両輪がうまくかみ合わさって、初めて効率よく英会話力を向上させていけます。そのためにおすすめのツールやサービスもお伝えしたので、本気で使える英会話力を身に着けていきたい!という方は試してみて下さい。(新日常英会話コース、ビジネス英会話コースとどちらも7日間の無料体験ができます。)

>>スタディサプリオンライン英会話セットプラン|新日常英会話コースの7日間無料体験へ申し込む

>>スタディサプリオンライン英会話セットプラン|ビジネス英会話コースの7日間無料体験へ申し込む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です