毎日使うスマホケースの選方は超大事!財布と同じく日常使うものにこそ最大の投資を。

こんにちは!ハルタメです。

投資といえば、目に見えるリターンを求めがちです。
例えば、分かりやすいお金や時間、こういったもののリターンがある程度見込める時に、投資をするのが一般的。

でも、それ以外にも実は日々のパフォーマンスに影響を与えているものはたくさんあります。

その一つが財布。

風水的にも「財布は良いものを持て」というのが定説です。

ちょっとスピリチュアル的に聞こえる部分もあるかもしれませんが、財布=自分自身ともいえます。
毎日触るもので、使う頻度も多いので、その分自分に与える影響も大きいです。

そしてその影響は、“潜在意識”に入ります。
毎日何気なく使っているからこそ、自然と自分の深い部分にイメージや感覚が入るのです。

例えば、ハイブランドの財布を持つことで自分に自信がついたり。
良い材質を使って丁寧に作られた財布を持つことで、自分の中に良い感覚がうつったり。

本当に毎日、日常的に使うものは良いものを持った方が良いです。

そういう意味で、最も現代のわたしたちが触っているものはなんでしょう??

そう、“スマホ“ですよね。

そして、そのスマホのスマホケースに触れる機会が一番多いですよね。

だから、スマホケースにこだわることは、わたしたち現代人にとって非常に大きなインパクトを与える投資となります。

今回は、そんな自分自身を上げるスマホケースの選び方について紹介していきます。

自分を上げるスマホケースの選び方

では早速、自分をあげていくスマホケースの選び方について具体的に話をしていきます。

機能性やデザインなど一般的なスマホケースの選び方と重なるところもありますが、それも含めてトータルでおすすめの選び方を紹介していきますね。

手帳型か背面カバー型か

これは好みがはっきり分かれるところですが、手帳型にするのか背面カバー型にするのか、スマホケースは大きく分けて2パターンあります。

手帳型のメリットとしては、やはり収納性に優れていることと、覗き見防止の役目を果たしてくれるところ。

開いた時のポケットにカード類や定期券、ちょっとした現金も入れることができるので、財布を持たずともスマホさえあればちょっとした外出では事足りてしまう手軽さが魅力。

そしてもう一つは、スマホが手帳で隠れることで、例えば電車で隣の人にスマホを覗き見されるのを防ぐことができます。

私も電車通勤なので結構隣の人の視線が気になるのですが、手帳型の場合は安心感がありますね。(ただし、覗き見防止に効果があるのは手帳で隠れる方面からだけですが。。逆側からはガードの効果はありません。本当に覗き見を防ぎたいのであれば、画面に貼るプライバシーフィルムがあるので、そちらを利用するのがおすすめです。)

一方、背面カバー型のメリットとしてはシンプルで嵩張らないというのが最大のメリット。手帳型の場合結構気になるのが、カバンから出し入れするときや、手で持って歩いている時などに、手帳のカバー部分がパタパタと開閉するところ。

これ、結構普段使っている中で不便な場面があって地味にストレスになります。それが背面カバー型であれば、すっきりとしているので、持ち運びや出し入れ、使用時のストレスが全くありません。本体も軽くなりますし、非常に取り回しに優れています。

逆に、すっきりしている分、収納面はあまり期待できません。背面カバー型でもカードケースが収納できるポケットがついている製品も最近ありますが、そのポケットができることで、本来の良さであるシンプルさが若干損なわれてしまっている部分があるので、ここは一長一短です。

材質:レザー、シリコン、プラスチックなど

次に材質について。

材質は、普段使っている中でやはり自分が一番“気持ち良い”と思えるものを選ぶのがベスト。1日のうちに何回も触るものなので、ここは一番こだわるべきところと言っても過言ではありません。

材質には、シリコン素材やプラスチック、レザー(革)などがありますが、私のおすすめはなんといってもレザーです。

これは財布にも言えることですが、天然の素材はやはりそれ自体にエネルギーが宿っているので、その他の無機質な素材よりも無意識の自分に良い影響を与えてくれます。

そして、実際の触り心地もプラスチックやシリコンと比べても手に馴染むというか、非常に触り心地が良いです。

他の材質と比べると少々値は張りますが、そこは先行投資と割り切ってレザーのものをぜひ手にとって検討してみて下さい。

デザインやブランド

最後に、デザインやブランド、メーカーなどです。やはり、毎日必ず触るものだからこそ、自分の好きなデザインや、気分の上がるブランドなどを選ぶのは非常に良いです。

前述しましたが、財布の選び方でもハイブランドの財布を身につけることで、自分もそのブランドが持つオーラを借りて自信をつけたり、セルフイメージがアップして仕事やプライベートもうまくいく、というケースは実際にあります。

そしてこれはもちろん、スマホケースにも言えることなので、自分自信のセルフイメージをアップさせたい、アファーメーションの役割としてもあえてヴィトン、エルメス、シャネルなどのハイブランドのスマホケースを選ぶことはおすすめです。

ハイブランドクオリティでお手頃なレザースマホケース

ということで、自分を上げるための投資としてスマホケースにこだわることは非常に理に適ったものであること。

そして、そのためにはできるだけレザーのもので、ハイブランドのスマホケースを身につけることで、自分自身に対して潜在意識レベルで良い影響を与えることができる、ということをお伝えしてきました。

ただし、ここで問題点があります。

確かに、レザーでハイブランドのスマホケースを身につけることができれば一番良いのですが、結構な出費になってしまいます。


出典:スマートフォンケース|【公式】LOIS VITTON

ヴィトンのスマホケースでも公式サイトで最安5万円〜10万円以上のものまであります。もちろん、財布と比べるとリーズナブルなのですが、スマホの場合は機種が変わればスマホのサイズが変わることも多いので、その度に買い替える必要が出てきてしまいます。

それを考えると、いくら良いとはいえスマホケースに5万も10万もかけるのはなかなか大変。

なんとか、クオリティを落とさずにもっとリーズナブルに購入できるスマケースは無いものか・・・と探して探して辿り着いたのが、このボナベンチュラのレザースマホケースでした。

以下は、実際に私が購入したボナベンチュラのレザーケースです。

この写真で分かるでしょうか?高級感溢れつつ明らかに上質な触り心地のレザーの質感。

この高品質レザーのシボシボがたまらんわけですよ(*´ω`*)

背面のカメラ側はこんな感じ。もう、初めの頃は用も無いのにスマホを取り出しては、ずっと触ってましたね笑

ポケットにカード類も入りますし、

サイドには大きめのポケットがあって、ここにお札などの現金も収納可能です。

頬擦りしたくなるくらいの触り心地のよさは、ぜひ手元にとって確かめてほしいですね。

やっぱり本物の革っていいな〜って改めて思います。

で、なぜこんなにボナベンチュラのレザーはクオリティが高いのか?

 

それもそのはず。ボナベンチュラはエルメスも採用しているドイツの名門タンナー「ベリンガー社の」レザーなど厳選したハイクオリティなレザーのみを採用しています。

つまり、使われているレザーはハイブランドで使用されているものと遜色ないクオリティのものが使用されているということ。

参考:【公式】VONAVENTURA

一万円そこそこでこのレベルのレザーケースが手に入るのは非常にありがたい。

デザイン性や色味も非常にスタイリッシュで、デザイン性からみてもハイブランドと遜色ありません。

参考:製品の保証について|【公式】VONAVENTURA

ケースもこんな感じで、一つ一つにオンリーワンのシリアルナンバーが刻印されています。

また、ボナベンチュラの保証についても特徴的で、ライフタイム保証という保証がついてきます。(ライフタイム保証を受けるためには、購入日より15日以内に保証登録をする必要があります。)

参考:ライフタイム保証について。

こういった保証制度が充実しているところも品質の高さに対する自信と、自社商品に対する誇りが伺えます。まさに、ハイブランド並みのアフターサービスともいえますね。

 

ただ、唯一欠点があって、それがスマホケースはiPhoneしかラインナップがないこと。。Androidユーザーにとっては、ぜひ主要機種だけでもラインナップに追加してほしいところです。

 

ということで、iPhoneユーザーであれば、ボナベンチュラはぜひチェックしてみて下さい。

で、最後に一点補足です。ボナベンチュラは公式オンラインショップと、Amazonからでも購入可能です。ただ、公式から買うと全品表示価格より10%引きというクーポンが利用できます。(クーポンは公式ページよりニュースレター登録することで入手可能。)

参考:【全品10%OFF】ニュースレター新規登録でクーポンをGET||【公式】VONAVENTURA

全ての公式ショップの全ての商品が送料無料となっているので、今すぐチェックしてみて下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。