自粛ムードの暗い自宅の雰囲気をSpotifyの神選曲で吹き飛ばせ!

こんにちは!ハルタメです。

最近はコロナウィルスの影響の自粛ムードで、家にいる時間も増えてると思いますが、そんな時けっこう家で音楽流したりしてます。

なーんか、雰囲気もどんよーりするのは嫌だし、ずっとテレビつけておくのもちょっと嫌ですしね。ということで、そんな家の BGMをおしゃれに彩るSpotifyについて熱く語ってみようと思います。

他の音楽サービスにはないSpotifyの魅力

はい、では早速Spotifyの魅力からドーンと、紹介したいと思います!それぞれ、さくっと紹介していきますので、ついてきてくださいねーー!

サジェストの選曲センスが神

はい、まずはこれ。自分で検索して聞きたい曲を選んで聴くのもいいですが、Spotifyが一番本量を発揮するのが、このおすすめに上がってくる選曲センス。

これ、本当に的確というか、これで上がってきた曲って、ほぼ自分的にハズレがないんですよね。

なので、最近新しい曲だったり、アーティストだったりを発掘するのって、もっぱらSpotifyのサジェストだったりします笑

それくらい、自分の好みを的確に把握して、かつどういう曲をおすすめに上げていくかっていう、選曲センスが神すぎる。

この辺のシステムはどうやっているのかわかりませんが、とにかく私的にその精度が凄すぎます。

プレイリストの選曲が神

はい、次にSpotifyって、曲とかアーティストとか、アルバムとか意外にも例えば、「秋の夜長に聞きたい曲」みたいに、一つのテーマに沿ってチョイスされたプレイリストがあるんですが、このプレイリストの選曲もかみってるんですよね〜。

もう、本当にそのテーマドンピシャ!というか、そうそう!これこれ!っていう選曲に痺れっぱなし。

サジェスト同様、ここでいいな〜と思ったけど曲を最近はどんどん「いいね!」して登録していって、色んな曲の新規開拓に余念がないです。

無料プランでもかなり使える

はい、最後はプランの話。これは次でも詳しく紹介しますが、Spotifyには有料プランと無料プランがあって、有料プランが月額980円なのですが、普通に無料プランでも全然使えるというか、作業用BGMなんかには無料プランで十分かな〜と思ってます。

基本的に無料プランはスキップの回数が決まっていたり、すべてシャッフル再生しかできない、などの制約がありますが、別にピンポイントでこれが聞きたい、とかなければこれで全く問題ないかな、と。

でも、有料プランは使い勝手が良いので、一度くらいは使ってみて、その後無料に戻すかどうかも検討したら良いんじゃないかと。

私も3ヶ月くら有料にしてから、その後無料に戻したっていう経緯があります。

Spotifyの有料プランと無料プランの違い

はい、ではSpotifyの有料プランと無料プランの違いを簡単に説明します。

上でも少し紹介しましたが、無料プランの方は

  • シャッフルプレイのみ
  • 曲と曲との間に音声広告が入る
  • オフライン再生できない

大きく分けるとこの3つです。(その他、音質も有料プランだともっと良い音質を選んだりもできるみたいです。)

作業しながらだと、シャッフルプレイやオフライン再生などは気になりませんが、音声広告だけは曲の間にいきなり入るので、ここがちょっと鬱陶しいと感じる人はいるかも。(感じたら、有料プラン入りましょうってことですね笑)

あとは、PCとかタブレットで無料プランで聴くとなんか月に10時間までとか時間数の制限(でも、スマホで聞くと無制限みたいなちょっとよく分からない制限)がありましたが、これはもう無くなったんでしょうかね?

これがPCやタブレットで聴く場合、けっこうネックではあったんですが、無くなったのであれば、ますます無料でも良いのかなと。

Spotifyのサルヂエパパ流おすすめ使い方

はい、ということで、今回は私が最もおすすめする音楽サービスのSpotifyについて紹介しました。

とにかく、選曲センスが神ってるのと、無料プランでも聞けない曲は無いし、月の制限時間などが無ければ、無料でも本当に楽しめるサービスです。

ただ、曲と曲の間に入る広告など、作業に没頭したい時などはちょっと鬱陶しく感じるかも。その場合には、有料プランへの一度切り替えて、試してみる、ということをやったり私はしてます。

特に、Spotifyは〜ヶ月は続けてください、みたいな契約期間もないし、すごい良心的。あー、もう良いや、と思ったらすぐ無料会員に戻すことができるのは強みです。

興味ある方はぜひ、試してみてくださいね!

 

それでは、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です